オリジナル袋の作成に決定版!望み通りのデザインと品質をあなたに。

オシャレを現す袋

オシャレな洋服を販売している衣料品店では、洋服を購入すると、店舗にしかない紙袋やビニール袋に包装されて手渡されます。ブランド品を扱っている店舗では特に、洋服を入れる手提げ袋に憧れを抱く女性や男性が人が多く存在します。
現在、ファッション業界は様々な年齡層の消費者に向けてブランドを拡大しています。20代という若者世代や30代という中堅層、40代や50代の層でもエレガントにオシャレを楽しめる洋服ブランドが多数取り揃っています。
また、小学生でも大人のようにオシャレを楽しめる洋服が数多く発売されています。Tシャツやパンツといっても、生地やデザインにこだわられた衣類が人気です。
このようなブランドを扱っている店舗では、こだわっているのは洋服だけではなく、包装紙として活用されている手提げ袋も人気を博しています。店舗が多数入っているビルでも、オリジナルの袋を取り扱っているデパートや百貨店が昔から現在に渡って多くの利用者に憧れられています。
手提げ袋は紙でできていたり、ビニールでできていることもあります。ブランドのロゴが入っている袋や、模様が入っている袋などひと目でブランド品と分かるものが各店舗で活用されています。
スーパーやコンビニで商品を購入するとレジ袋が貰えますが、店舗用の袋は、それこそオシャレなアイテムとして手に持って歩いている姿だけでも評価されることがあります。
多くの人から憧れられている袋は、個人でも作成することが可能です。ウェブサイトなどでは、自主作成のデザインでも袋にプリントしてくれる販売ショップがあるのでおすすめです。
紙袋やビニール袋などの素材にこだわったり、取手の紐やプリントする文字についても細かく指定することが可能です。

サイトを使う

インターネット上には手提げ袋を作成できるサイトが存在します。サイトを利用することで店舗を探したり、足を運んだりする手間がかかりません。画面を見ながら選ぶだけなので簡単に作成できます。

形を選ぶ

サイトで手提げ袋を作成するとき、まずは形から選ぶとよいでしょう。紙袋のように長方形のサイズや四角いサイズなど、用途に合わせて裏部ことが可能です。様々な形が取り扱われているので、画像を見ながらじっくり選ぶとよいでしょう。

素材を選ぶ

食べ物やオシャレな洋服を扱っている店舗では、紙製の手提げ袋やビニール製の手提げ袋が使用されています。紙製やビニール製以外にも、生地が丈夫な不織布や、多少の水分にも負けないコーティングされた素材などがあるのでおすすめです。

色を選ぶ

手提げ袋に文字を入れたい場合は、作成サイトによって選択できる文字色の種類が幅広いことがあります。1色だけ選ぶことはもちろん、3色や4色など別の色を組み合わせて選ぶこともできるので、オリジナル性を楽しめます。

   
 

少ない枚数

販売店の包装紙として手提げ袋を利用する場合は、決められたデザインを大量に注文するだけです。短期間だけのイベントで使用する袋を作成する場合は、少ない枚数で作成を依頼することも可能です。